BLOSSOM 株式会社digitalA はおすすめしない!趣味がお金になる副業の実態を暴露

こんにちは、ユウトです!

前回に引き続き、LINEから登録する副業案件を取り上げていきます。

株式会社digitalAのBLOSSOMという案件です。

結論から申し上げるとおすすめできません。
購入しないようにしましょう!
  • 株式会社digitalAのBLOSSOMの内容が気になる方
  • BLOSSOMがおすすめできない理由を知りたい方
  • 稼げない副業の事例を学ぶことで副業案件の良し悪しを自分で見分けられるようになりたい方

は、ぜひ当記事をご覧ください。

個別の副業案件やおすすめの副業についての質問はこちら↓へどうぞ。

BLOSSOMの内容とは?

BLOSSOMの内容とはどのようなものでしょうか?

まずLPに書かれているキャッチフレーズから見ていきます。

  • 最短で開始当日30分で収益化
  • 毎日コツコツ5,000円
  • 趣味や特技がお金を生み出す
  • あなたの「好き」を情報発信
  • 宣伝収益で継続した継続収入
  • はじめた方の多くは副業未経験の方ばかり、知識やスキルを問わない

未経験者でも自分の好きなことを活かして手軽に始められ、安定して収益をあげられることが書かれています。

 

特典としては、安心・安全の全額返金保証があるとのことです。気になる費用は、激安の900円。(通常は1,800円のようです)

価格が安すぎるし、これだけでは内容がさっぱり分からない...

 

詳しい内容が分からない以上何とも言えないじゃないかと思うかもしれませんが、これだけの情報でも怪しいことがわかります。

稼ぐことができずにオプションと称して高額商品の購入を勧められることになりますので、絶対におすすめはできません。

特典としてあげられている返金も、なにかと理由をつけて適用してくれない可能性が極めて高いです。

以下、おすすめできない理由を説明していきますね。

 

BLOSSOMがおすすめできない理由

WEBテキスト代の価格が900円と安すぎる

価格が安いなら別に良いじゃん!

と思うかもしれませんが、教材を提供する側も慈善事業でやっている訳ではありません。

 

販売者の視点に立って考えてみてください。

 

情報商材の販売者の大きな収入源は、言うまでもなく情報商材そのものの販売代金。

教材を作成するにも経費がかかりますし、簡単な作業で稼げる方法を教えるための対価を取るのは至極当然のことです。

 

しかし、単価が900円というのはあまりにも低すぎます。

 

19,000円とか9,000円でもなく、たったの900円ですよ。

たとえ百人購入したとしても19万円、千人購入しても190万円。

 

とても元が取れる金額ではありません。

にもかかわらず、なぜこの値段で売ると思いますか?

 

答えは、購入した人に対して更に高額な商品を販売するためです。

 

数十万円単位の高価な商品をいきなり不特定多数に売ろうとしても、普通なかなか買ってくれません。

そこで最初の入口を緩くして買い手を安心させ、その入口から入った人(=購入者)を対象に更に効果な商品を売り込む。

 

マーケティングの常道です。

 

安い商品を単品で販売してもメリットは少ないですよね。

しかし抱き合わせでより高価な商品を購入してもらえる可能性を高めるための広告塔という位置付けにすれば、その安い商品を売り込む大きなメリットが表れます。

 

情報商材に限らず、他者からモノやサービスを購入する際は、購入することで相手がどのようなメリットがどれくらいあるかを考えることが大事です。

マーケティングの分野では全員が購入可能な安価な商品をフロントエンド、購入者のみに案内する高価な商品をバックエンドと言うことが多いです!

 

BLOSSOMの実態はアフィリエイト、すぐに稼げるようにはならない

写真を撮って稼ぐと謳う案件無料広告の再生で稼ぐと謳う案件と違い、BLOSSOMは何をやるかが比較的分かりやすいです。

 

ずばり、アフィリエイト。

自分の好きな分野または趣味・特技に関わる分野のブログやホームページを作って、情報発信をしつつ広告収入(アフィリエイト収入)を得ようというのがこのビジネスの趣旨です。

 

これまで扱ってきた案件は工程のごく一部だけを切り取っていかにも簡単に稼げるかを謳っていましたが、BLOSSOMのLPではアフィリエイトであることが容易に想像できますので、その点では今までの案件よりはマシだと思います。

 

しかしです。

アフィリエイトではすぐに稼げるようになりません。

 

アフィリエイトって一見簡単なようにも見えますが、ブログを立ち上げて記事に広告を貼って書けば終わりというものではないんですよ。

ライバルの数も多いですし、同じ記事でも

  • 日記なのか
  • 人を集めるためなのか
  • 商品を売り込むためなのか

で書き方は全然違ってきます。

 

LPでは最短開始当日30分で収益化とありましたが、よほどの有名人でないと達成できません。

 

1日あたりにかけられる時間や効率性によって変わってきますが、アフィリエイトで収益を上げるためには比較的短くても1~2ヶ月かかります。

3~4カ月程度かかってやっと初報酬というケースもざらです。

 

いやいや、ちょっと待ってくれユウトよと。

アフィリエイトで稼いでる人はいっぱいいるし、あなたが勧める副業でもアフィリエイトはあるんじゃないの、と思う方もいるでしょうが、この案件がアフィリエイトだからダメと言っているわけではありません。

 

LPを見ると簡単に稼げるように見えるのに、実態は違うということが問題なんです。

 

まともな副業商材のLPでは、説明文やQ&Aに一定の時間をかけてきちんと取り組まないことには稼げないことが書かれています。

しかし、BLOSSOMのLPを見ると好きなことを情報発信をしていけば手軽に稼げるようなごとく書かれていますので、いやいやそうじゃないでしょという話です。

 

そしてもう一つ。

一言でアフィリエイトといっても、色々なやり方やアプローチがあります。

 

でもLPを見るだけではBLOSSOMのアフィリエイトがどんなやり方で、どのようなメリットがあるかが分からないですよね。

 

もちろん手品のタネはコンテンツそのものになるので、LPで明らかにする必要はないです。

しかし、手品の枠組みそのものか従来のやり方の失敗例など、このコンテンツを買うメリットが分からないことには、なかなか信用して買おいうという気にはなりません。

 

この案件はアフィリエイトということで詐欺でも違法でもありませんが、好きなことを情報発信するだけで簡単に稼げると思って買うと痛い目を見ます。

ほんの簡単な手順やGoogleで検索すれば分かるようなことしかないマニュアルを渡され、更なるサポートということで高額商品を勧められることになりますので買わないことをお勧めします。

アフィリエイトは真面目に取り組めば稼ぐことはできますが、好きなことをただ発信したら良いというものではありません。一方で、ある程度稼げるようになればそれ以降は作業時間が短くても安定的に収益をあげられるメリットもあります。アフィリエイトおすすめの分野や商材を知りたい方は私まで連絡くださいね。

 

 

BLOSSOMの販売者情報の実態がほとんど分からない

商材の良し悪しを見極めるためには、商材の作成者や販売者が信用できそうかどうか?ということも大事な要素になります。

そのためには、商材の作成者や販売者がどんな人(法人)で、どんなことをやっているかを知ることは重要です。

 

しかし、BLOSSOMのLPには販売者についての情報や自己紹介は一切書かれていません。

 

以下は特定商取引法に基づく表示に書かれている内容の一部です。

販売事業者 株式会社digitalA
運営責任者 千葉雄介
会社ホームページ https://d-igital-a.com
所在地 東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿髙木ビル7階
電話番号 03-5312-8800
メールアドレス [email protected]

 

ホームページにアクセスしてみると一通りのことは書かれていますが、いかにも企業向けホームページ制作パッケージサービスを使って作ったような外観と内容になっています。

情報商材の販売者は「ホームページがないじゃないか」と言われることを避けるために、企業のホームページにいかにもありがちなメニューと内容を載せたテンプレートを使ってホームページを作成(または代行依頼)する企業も多いです!

 

事業内容は仮想空間向けのデジタルアパレルコンテンツの提供ということですが、今一つこちらの副業案件と関連性が分かりませんね...

 

もちろんこれだけでは企業の良し悪しを判断することはできません。

しかし、インターネットを媒体に商売をやっているのであれば、もう少しWEBページのコンテンツを充実させることに力を入れようとするのが普通の感覚だと思います。

ホームページの内容は希薄で、どんな副業をするのかも詳しく書かないことには安心できないですよね^^;

 

販売ページと特定商取引法に基づく表示の内容が矛盾している(BLOSSOMでは返金不可)

BLOSSOMのLPでは、特典として「安心・安全全額返金保証」が付いていることが書かれています。

 

返金があるなら安心!と思ったあなた、ご注意ください。

LPに返金保証が書かれているといって、本当に返金してくれるとは限りません。

 

BLOSSOMの特定商取引法に基づく表示を見てみましょう。

特定商取引法に基づく表示ではキャンセルや返金の規定が書かれていますが、返金を受け付けていないことが書かれています。(以下引用)

本商品はデジタルコンテンツとなっております。WEB通販の性質上、お客様のご都合による購入後のキャンセル、返品、返金はお受けできません。
※「特定商取引に関する法律」に基づくクーリングオフ制度は適用出来ませんのでご決済時以後、返品・返金は出来ませんので慎重にご検討くださいませ。

 

LPでは返金保証と書かれているのに、特定商取引法に基づく表示では返金できないことが書かれている場合、どっちが優先されると思いますか?

 

それはもちろん、特定商取引法に基づく表示の方です。

なぜなら、販売ページ(LP)はただの広告であることに対して、特定商取引法に基づく表示は法律に基づいて記載することが求められているからです。

 

したがって、BLOSSOMでは実質的に返金できないということになります。

返金を要求しても、なにかと理由をつけて応じてくれないか、特定商取引法に基づく表示の内容を承諾して購入したから無理ですと言われるのがオチです。

 

念のために言っておきますが、返金できないこと自体が問題なのではありません。

そもそも情報商材はクーリングオフ制度の対象外ですし、返金を受け付けていないことが多いです。

個人的には、上手く行かなったら返金してもらえば良いかという中途半端な気持ちなら買わない方が良いと思います。

 

でも、LPと特定商取引法に基づく表示内容が矛盾しているのは駄目です。

LPの内容は事実ではありませんよと言っているようなものですから。

 

LPは情報商材を買って良いかどうかを判断するための最も大事な材料の一つです。

そのLPに書かれていることが本当じゃないのなら、購入して良いか否かの判断のしようがないですよね。

 

LPに書かれていることが誇張されているだけならまだしも、特定商取引法に基づく表示の内容と完全に矛盾しているとなると、そもそもLP自体が信用できないということになりますので、私ならそのような商材は絶対に購入しません。

 

終わりに管理人の一言

いかがだったでしょうか?

最近のLINEから登録する形の副業案件は、

  • 口コミや評判を書かれてGoogleなどの検索エンジンで特定されることを防ぐために、案件名や法人名を特定しづらい名称にする
  • LPで副業の仕組みを一切説明しない
  • 動画を視聴するなどの簡単な作業工程だけを切り取っていかにも簡単であるかのように誇張する
  • 参加のハードルを下げるため最初のマニュアルは安くし、その後オプションやサポートという位置付けで高額商品の購入に誘導する

ことが多いです。

 

検索から逃れるために、販売者の表記を音読み→訓読みや漢字→平仮名というように微妙に変更して、似たような内容で再販売する事例もあります^^;

 

しかし、

  • 「こんなおいしい話って普通あるのかな?」
  • 「案内ページには簡単に儲かるように書いてあるけど、現実的にこの時間でこれだけ稼ぐことってできるのかな?」

という視点をもってLPの内容を一つ一つじっくりと見ていけば、その案件のおかしな点に気づくことができるようになります。

 

くれぐれも非現実的な美味しい話に飲み込まれてお金と時間を無駄にすることのないように気を付けてくださいね。

 

星をクリックして評価
[合計: 0件 平均評価: 0]
ユウトへの相談
 

副業についてお悩みはありませんか?

この副業案件は始めても大丈夫なのかな...?

自分にはどんなタイプの副業が合っているのだろう?

副業詐欺に騙されないようにするための対策を教えてほしい!

おすすめの副業を教えてほしい!

些細なことでも構いません。

あなたの力になれるように精一杯尽力しますので、質問や相談したいことが有れば下記のLINEリンクかこちらのページのフォームより気軽にお尋ねくださいね^^

 
おすすめの記事